外国で働くために必要な「コンピテンシー」って?

大手自動車部品メーカー社員に聞く「海外で働く力」とは

●グーマガ学生特派員が聞く!

「グローバルに活躍したい!」でも、どうやって?何をすればいい?
悩んだときは、先達(せんだつ)に聞いてみよう。
海外インターンシップ事業の運営を通して、世界で発揮されるリーダーシップの変革を目指す学生団体「アイセック・ジャパン」のメンバーがGROW MAGAZINE(グーマガ)の学生特派員となり、いろいろな人に会いに行きます。
2回目は、世界16カ国に78の拠点をもつ大手自動車部品メーカーのカルソニックカンセイを取材しました。大卒新卒採用の15~20%を外国籍が占めるなど、社員のダイバーシティー(多様性)を重視するカルソニックカンセイ。さまざまな職場で世界を舞台に活躍してきた3人の社員に、特派員が世界で戦う心構えについてじっくりインタビューします。

プロフィール

神宮司さん

グーマガ学生特派員神宮司美玲(じんぐうじ・みれい)(東京大学4年/アイセック・ジャパン)

6C0C1552

四戸美香(しのへ・みか)グローバル組織活性化本部人事グループ主管1991年入社。海外事業本部→経営企画室→経理本部→グローバル購買本部。2010年から13年までタイランド社に出向し購買業務を管轄。

6C0C1552

鶴澤達之(つるさわ・たつゆき) コーポレートプランニング本部コーポレートプランニンググループ主管1996年入社。熱交換機設計部に配属。2008年から4年半、北米カルソニックカンセイで設計の仕事に従事。

6C0C1552

長妻洋(ながつま・ひろし) CPM・内装事業本部内装生産技術グループ主担2002年入社。内装生産技術配属。05~10年までカルソニックカンセイアメリカ出向。