大学で「成長実感」していますか?

「成長したね」と最近言われましたか?もし最近言われていないとすると、日々怠惰に流れていないか確認してください。要注意です。

ところで、この成長したとは何を指すのでしょうか?

他人を見て「成長した」と言っているので、当たり前ですが自己認識による成長ではなく、他者認識による成長です。

では、「成長した」の対象はなんでしょうか?子供のころであれば身長などのこともあるでしょうが、大学生や社会人になっていれば「表現力」「外向性」「論理力」といったコンピテンシーの成長を指します。コンピテンシーはこのコラムでも何度か触れていますが、社会で成功している人のもっている行動特性です。

つまり、「最近成長したね」と友人などから言われるということは、他者認識においてあなたのコンピテンシーが伸びているということ。

人間の脳は他者から自己の気づかない能力の成長を指摘されたとき、その能力に意識を向け、その力を伸ばす準備を行います。他者認識が自己認識に変容するプロセス。つまり、「成長したね」と言われると、あなたは自分ごととしてその能力の向上を意識し、さらなる高みを目指していけるのです。

私たちのGROWが目指しているのは、このプロセスをあなたの日常にすること。あなたのコンピテンシーの「成長」を科学的に計測し、あなたに自己認識してもらい、さらに学習強化を図るのです。GROWのプロフィールのコンピテンシーの評価をみて定期的に自分の成長を自覚してください。

これが日常的にできれば次の段階に移ります。

伸ばしたいコンピテンシーを、自分で意識し、成長させるのです。このために最適なのが、友人などのコンピテンシーを評価すること。

評価してもらいたい人をINVITEしGIFT(他者評価)のところで友人の評価をするのです。INVITEで友人を招待し、友人がGROWをダウンロードしていると、友人が表示され、あなたに友人のことについて質問が投げかけられます。

まずはここまで行ってください。具体的に進めていく方法、そしてその意味を次回お伝えします!