美女の定義:豊かになるとアフリカも美女はスリムに?

(写真:エチオピアの女性。エチオピアは美女が多いことで知られる。美女の定義は時代や文化で異なるが、社会が豊かになるとスリムな人を美しいと思う傾向にあるようだ。©Kiyori Ueno)

連載:世界は広く、おもしろい!

 エチオピアは美女が多いことで知られた国である。はっとするような美女をレストランで、スーパーで、道端でいつも見かける。美人率が極めて高く、世界一ではないかと思うほどである。そのためか、この国にいると美女というのは異なる文化や国の人から見ても美女ではないのだろうかと思わせられる。
 この美女をテーマにウガンダ出身の男性の友人ベンジャミンと延々と語ったことがある。彼は5人の子どもの父親でもある。
 テーマはどのような女性を美しい、魅力的と感じるか、ということ。ベンジャミンは、「僕のカルチャーでは大きい女性が美しい。僕の妻はとても大きくて、とても美しい」と言う。そしてスマホに入った彼の妻の写真を誇らしげに見せてくれた。確かに彼の妻は典型的なアフリカの母親といった、恰幅のいい女性だった。
 「でもこのテーマについてはね、忘れられない話があるんだよ」とベンジャミンは続けた。彼が若い頃イギリスに留学していた時、イギリス人の女性の友人と同じテーマが話題にのぼった。そしてベンジャミンは大きい女性が美しいと思う、と言うと、このイギリス人女性は信じられないと言った顔をして、「イギリスでは大きい女性が美しいとは絶対に考えられていない」と言ったという。この言葉は彼にとり衝撃的であり、文化によって美の定義がここまで違うことを教えてくれた、とベンジャミンは笑いながら言った。
 どのような人を美しいと思うか、つまり、美女の定義、は社会や文化によって異なることはもちろん、時代によっても変わってきたことはよく知られている。けれども、どこの社会でもかつてはふくよかな女性を美しいと感じてきたことに見られるように、時代ごとに一定の傾向があるように思う。
 例えばフランスの画家ルノアールの「裸婦」が良い例である。あの時代はあのようにふくよかな女性が美の象徴だった。けれども、時代が現代に近づくほど、先進国では多くの人が今度はスリムな女性を美しいと感じるようになってきた。その良い例が現代のファッションモデルだろう。(モデルに関してはやせ過ぎであるとか、拒食症を促進するなどと社会問題にもなっているが、一般的に太っている人よりもやせた人を美しいと思う人が多いのが現実だ)
 この傾向を見たときに、人々がある時代にどういう人を美しいと思うかは、その時代における希有性と豊かさと関係しているのではないかと思う。つまり、人々は稀なもの、手に入りにくいものに価値を置く、ということだ。かつて社会全体が貧しかった時には、ふくよかな体を持つことは稀で恵まれていたことであり、それは富裕層に所属することを意味した。富裕層であるから、装飾品も身につけられたし、清潔な身体を維持することもできた。
 けれども今の時代、先進国では太ることは簡単になってしまい、逆にスリムでいることは難しく価値があるようになった。スリムな体を保つには健康的でバランスのとれた食事、適度な運動、そのようなことができる環境やお金があることが条件だ。実際アメリカでは富裕層であればあるほどバランスのとれた食事と定期的な運動でスリムな体を保つ一方で、貧しい移民たちのほうが脂肪や砂糖の多い安い食事をし、肥満化が進んでいる。
 という私の持論をベンジャミンに述べると、彼は私の分析は正しいだろうと言った上で、面白いことを付け加えた。アフリカではふくよかなことは「健康」、「子どもを多く産めること(fertile)」、そして「長生き」をも意味してきたのだ、と。けれども、今は先進国では太っていることは不健康、しいては短命を示唆するようになったのだろう、と。 
 アフリカは大きな成長をみせているとはいえ、今だに世界で最も貧しい大陸だ。だから、まだ“富裕層=ふくよか”、あるいは“貧困層=やせている”という構図が当てはまるところにいる。エチオピアの農村部に行くと、農民は骨と皮といった様相で、太っている人などまずいない。“貧困層=肥満”という構図は、もう少し社会が豊かになったときに出てくる。
 しかしスリムさを好む傾向は、経済成長が進むにつれてエチオピア、そしてアフリカでも今後、確実に広がっていくだろう。実際エチオピアに暮らして、特にアディスの富裕層を中心に、ジムにせっせと通ったりダイエットに励んだりして体系を保とうという人たちが増えている。これは、アフリカが豊かになりつつあることを示している。
 数十年後に、アフリカがますます経済発展を遂げたときに、ベンジャミンの5人の子どもたちにどういう人を美しいと思うかと聞いてみたい。どんな答えが返ってくるのか、楽しみだ。

上野きより ジャーナリスト、フォトグラファー、元国連機関職員
信濃毎日新聞社、ブルームバーグ・ニュース東京支局などで記者として働いた後、国連世界食糧計画(WFP)のローマ本部を経て、食糧支援の現場であるエチオピア、ネパールで働く。2016年から独立。米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院修士課程修了。慶應義塾大学文学部卒業。東京出身。