エチオピアで広がる中国語学習:就職に有利

<写真>アディス・アババ大学で中国語の授業を受けるリディア・フカドウさん(中央)。©Kiyori Ueno

連載:世界は広く、おもしろい!

 連載第10回で紹介したように、アフリカ、エチオピアでは中国の存在が大きくなっている。中国は貿易、投資、インフラ整備などを通じてアフリカとの結びつきを年々強めており、エチオピアの首都アディス・アババを歩けば、あらゆるところで中国企業による道路やビルなどの建設が行われており、中国の存在が大きくなっているのを感じる。

 しかし、中国の進出はビジネス分野だけではない。中国はアフリカの教育、文化面でも確実に浸透している。その例が、アフリカ諸国のあちこちで設立されている孔子学院だ。同学院は海外の大学などと提携して中国語、中国文化の普及、友好関係の構築を行う中国政府教育部の管轄下の公的機関である。

 エチオピア随一の学府であるアディス・アババ大学が中国語学科を設置し、中国語の学位を出し始めたのは4年前。正式に孔子学院が設置されたのは2014年末だ。「中国大使館が中国語や文化を教えないかと大学にアプローチしてきたのです」。昨年末まで同大学の孔子学院の現地部長を務め、今は英語学を教えるタイェ・レガサさんは話す。

 当初は中国語を学ぶ学生は14人だったが、今では中国語学科の学生数は77人に急増、英語に次ぐ人気の学科となっている。「今、この国で新卒ですぐに就職をするのはとても難しい。けれども中国企業が多く進出しているので中国語の卒業生は新卒の就職率は100%だ。それもとても魅力的なお給料がもらえる。私の給料よりも彼らのほうがはるかにいいですよ」とレガサさんは笑う。

 さらに、中国(孔子学院)は毎年300万ブル(約1500万円)を用意し、語学教師の給料も機材も、必要なもの全て出してくれるという。中国の大学への貢献はそれだけではない。優秀だが貧しい学生50人への奨学金、中国語学科を対象にした中国留学の奨学金、中国でのサマー・キャンプ。これら全て孔子学院がカバーしてくれるのだという。「経済的な支援をしてくれるので、大学にとってのメリットは非常に大きい。経済的支援があるのは中国語学科だけだ」とレガサさんは話す。

 同大中国語学科3年生のリディア・フカドウさん。小柄でスリムで典型的なエチオピア美人だ。巧みにサムソンのスマホで中国語のピンインを駆使しながら漢字に変換している。既に600の漢字を覚えたという。「もともと外国語が好きなのですが、今は中国の企業がたくさんエチオピアに来ているので、中国語を学んでおくと仕事を得やすい。文化も興味深いし、中国人はとてもよく働く人たちで、そういういい慣習を学びたい」と微笑む。

 昨年夏には2週間、同級生たちと中国でのサマー・キャンプに参加。初めての訪中で万里の長城、紫禁城、天津大学などを訪れ、中華料理を食べた。「とても楽しかった」と言う。「中国人は本当に働き者で、先生もとってもフレンドリーで大好きです」。目下の目標は在学中に奨学金を取って中国留学すること。「大学を卒業したら中国のビジネスマンの通訳をしたい。いつか中国でエチオピアのコーヒーを売るなどの仕事をしてみたい」と話す。

 やはり中国語学科3年生の男子学生メキ・ハビブさん。2000ブル(約1万円)で買ったという新品のファーウェイのスマホには音声通訳アプリや辞書のアプリなど中国語関係のアプリが10ほどアップロードされている。ハビブも既に400ほど漢字を覚えたという。

 ハビブさんの卒業後の目標は中国語の通訳の仕事に就くことだ。「エチオピアと中国の関係は強まっている。エチオピアの経済発展にともなって中国からここにたくさん人が来ている。エチオピアにいる多くの中国人は英語を知らないので通訳のニーズがある」と話す。昨年参加した中国でのサマー・キャンプで初めて中華料理を食べた。以前は食べられなかったが、少しずつ慣れて今では食べられるようになったという。在学中に中国留学もして、自分の語学力を上げたい。中国の文化や言葉にとても興味を持っている。そしていつかは中国で働きたいと言う。

 アフリカにいると、アフリカと中国の結びつきが草の根レベルで強まりつつあるのを肌で感じる。

上野きより ジャーナリスト、フォトグラファー、元国連機関職員
信濃毎日新聞社、ブルームバーグ・ニュース東京支局などで記者として働いた後、国連世界食糧計画(WFP)のローマ本部を経て、食糧支援の現場であるエチオピア、ネパールで働く。2016年から独立。米国コロンビア大学国際関係・公共政策大学院修士課程修了。慶應義塾大学文学部卒業。東京出身。